パーソナルカラー 本

最近巷でよく耳にする、"パーソナルカラー診断"。
肌から透ける血管の色に、目や髪の色味、似合う色等から
イエローベース、ブルーベースの大きく2種類に分け
そこからさらに春/夏/秋/冬のフォーシーズンに分類するというもの。
(フォーシーズン理論の場合)

この診断の利点は、例えば服や髪色などを選ぶ場面で
より似合う色を選べる点です。
つまり、大まかにでもパーソナルカラーを知っておけば、
自分に全く似合わない色を回避する手助けになります。

ネット上でも、このパーソナルカラーを自己診断できるサイトも増えてきました。
しかし、どうしても主観が入ってしまうため、
正しく診断できないというケースがとても多いようです。

私も何度か自己診断したところ、
いつもブルーベースの冬タイプか夏タイプに落ち着くことが多かったのです。
その診断結果を鵜呑みにして何個かコスメも買ってみましたが、
結局、買ったものが自分とは違ったタイプに似合う色味だったため
どうしても違和感が出てしまいます。

このモヤモヤを解消したい…、
果たして、わたしはイエローベースなのか、ブルーベースなのか…?
本当に冬なのか、夏なのか…?
と、考えた結果、やはりプロにお願いすることにしました。
当日はサロンにてお化粧をおとし、コンタクトも取って診断します。

まずは、外見的に特長が出やすい部分を見ていただきます。
わたしの場合、腕の内側の血管は緑色なのに、手首付近は紫色で、
唇はローズなのに、ほっぺはコーラルで耳はオレンジ…
目の色は焦げ茶で虹彩の上がミルキーブルーなのに、髪の毛は栗色。
なので、どちらの要素も持っているということになります。
ただ、これは多くの人にも当てはまるので、
診断基準の一つくらいに考えてくださいねとのこと。

次に、自然光が入る鏡の前で、ドレープといわれるカラフルな布を一枚ずつあてていき、
その色で顔色が映えるのか、はたまた、くすむのかを判断していきます。
ドレープはそれぞれ黄み寄りの色と、青み寄りの色、
イエローベースとブルーベースに分けられています。

ここで、まず最初に除外されたのは、秋。
秋は、深く濃い暗めの色合いが特徴です。
抹茶のような渋めのドレープをあてたとき、
あまりの似合わなさに、違いますね…と…(笑)

夏も候補から外れます。
夏は、明るくてパステル調の柔らかい色合い。
ドレープをあてると、
グレイッシュな色では顔色が悪く少し寒そうに見えたそうです。

残ったのは、冬と春。
冬の色は合わなくはないけれど、暗めの色合いが多く、
ドレープをあてると地味な印象になり、
逆に春の色をあてると顔色がパッと明るくなるので、
ファーストシーズンが春ビビッド、
セカンドシーズンが冬クリアということになりました。

ビビッドやクリアというのは、
鮮やかで濁りがない、パキっとしたビタミンカラーのことです。
同じ色系統であればより彩度が高い方を、
もし暗く重めな色を使うのであれば、ゴールドのアクセサリーで引き立てるか、
顔から離して使えばよいそうです。
さらに、彩度が高ければ他シーズンの色も使えるとのアドバイスも頂戴しました。


パーソナルカラー診断表

元々、ビタミンカラーは大好きでしたが、
自分にも合う色合いだということを知れて嬉しかったです。
帰宅後は、早速今まで使っていたコスメの仕分け作業へ!

色を選ぶときに重要なパーソナルカラー。
やはりプロの方にみていただくと違います。
自分のパーソナルカラーはなんだろう?と
モヤモヤ悩んでいらっしゃる方はおすすめです!


最&高かこれ…! 何度も観てしまう。
Dead Or AliveにEarth, Wind & Fireだよ-!
みんなダンスキレッキレですっごくかっこいい!
ファッションからメイクから、母親の若い頃みたい!
実際にこんな時代があったって考えると、うらやましい。



"あなたの涙が流れ落ちるとき
涙のなかには虹が見えた

地を這うような痛みの中を駆け抜けて
あなたの魂は育っていく

昇る太陽に照らされた涙のなかに
私は虹を見た"

応援歌な感じかな?? MVもかわいいです。






あー。Toolなつかしい。
人間、男女の本質を描いた哲学的な歌詞が多くて、いいのです。
そしてボーカルのメイナードが変態かっこいい!
Schismはリフとメロディの美しさが、
Lateralusは応援歌のような歌詞が、
Parabol+Parabolaはロマンチックな歌詞が、すきだー!


大事な大事な唄。
丁度ブラック・ホール・サンを聴いていたので
やっぱりいいなあと思いながら訳を書いてみました。

俺の目に写るのは
気落ちして 自らを偽りながら
顔を隠し 裏切り者のようにうそぶく自分
太陽が 生き恥を晒す

うだるような暑さに 夏の臭い
死んだような黒い空の下
お前は俺の名前を呼び
そして俺はお前がまた叫ぶのを聞いた

ブラックホールの太陽よ
こっちへきて雨を洗い流してくれないか

口どもり 冷たく憂鬱な感情は
温かな風と退屈な友人を盗んでいってしまった

正直者が良しとされる時代は過ぎた
腐った奴にとっては長過ぎたくらいだろう

靴を履いたまま 夢遊病のように歩いている
ずっと続けばいいのにと思っていた若さも今は葬り去られ
君のように唄うものはもういない

ブラックホールの太陽よ
こっちへきて雨を洗い流してくれないか

お前が消えるまで
うなだれたまま この恐怖をまぎらわせているから

ブラックホールの太陽よ
こっちへきて雨を洗い流してくれないか



解釈の仕方もそれぞれ違うだろうから
あってるかはわからないけど…すきです。
何度でも聴ける。
バットマンの敵ジョーカーの起源を描く新作DC映画の計画が進行中

絵が、キリングジョークだ!
こんどはどんなジョーカーになるかな…
秋保大滝

山中を歩き滝壺付近へ…
大滝というだけあって大迫力でした。
パノラマで撮ったんだけど、ブログに載せられる写真の幅の都合で
迫力が伝わりにくい…
帰りにまむしに会いました。近づいたらしっぽ振って威嚇された。かわいい。


どわーなつかしい…
これも何度聴いたことか!
Yeah Yeah Yeahsはいいよなぁ…
これと"Maps"と"Sacrilege"はとってもすきよ。



↑トリックが隠されたMVは必見です!
ロッテの謎の魚の第三形態(笑)

帰っちゃったー。
第四形態とかあるのかな…?

| main | next »