さてさて、書くと言っていて
もう1ヶ月以上経ってしまった、
9月末の一人旅のこと。

日頃大変お世話になっている方々へ、
面と向かってご挨拶しなければ…と、
西の方へ行って参りました。

写真を再掲しつつ、備忘録のような形で書いていきます。

○9月24日○

仙台を出発し、東北新幹線で東京へ向かい、
そこから東海道新幹線を乗り継いで、1日目は名古屋へ。

名古屋では、ナゴヤドームでの初観戦。

ナゴヤドーム

中日ドラゴンズ対巨人の試合でした。
台風の影響で、天気はあいにくの雨でしたが、
コボスタとはガラリと違った、
ドーム内の雰囲気や応援スタイルは
新鮮に感じて刺激的だったし
ボールの行方がよく見える席だったので
久しぶりの現地観戦を満喫しました。

試合後も、とても楽しいことが…。
面と向かってご挨拶できて、安心しました。
いつも、緊張してしまって、
御無礼がないか、心の中で、ハラハラしています。
雨がザーザー降る中、かえって色々とお気を使わせてしまい、
大変恐縮でした。
また、いつかお目にかかれますように。
さらなる良いご報告ができますよう、今後も尽力いたします!

名古屋駅前の街並は、細い道を入っていくと、
少しだけ、仙台のような雰囲気を感じました。
特に、私が泊まったホテルの周りは、似ていたなぁ。

この日のホテルは、部屋に有線がついていて、
ずっと静かな音で音楽を流しながら、眠りにつきました。

次の日は、遅めの起床。
時間に余裕があったので、名古屋駅をぶらぶらして
コーヒーを飲み…

コーヒー

売店で昼食を買って(てんむす!)、待合室で食べ…
その間のニュースで、名古屋駅の地下道が、
台風の影響で大変なことになっていたと知る…!

幸いこの日はカンカン照りだったので、
そんなことがあったのか-と、びっくり。

新幹線の時間がきたので、京都へと向かいます。

続く。
きょうは、ハロウィーンだ-!
ハロウィーンらしいことも、よくわからないまま、
毎年、特に何もせず…(笑)

なんか、ハロウィーンっぽいもの、あったかな-って思ったら、
こないだ飲んだ、
メキシコの"Dia de los Muertos"(死者の日)をテーマにした、
(ハロウィーンとは関係ないお祭りではありますが…)
琥珀色のアンバーエールと、白ビールのヘーフェバイツェンがありました。

どちらもメキシコ産のクラフトビールです。
日本では、ことしの4月1日より、発売されたようですよ。

"Death Becomes You"
(あなたには死がお似合い)

アンバーエール

後味が香ばしいビールでした。
苦みが強め。すっきりしていて、かなり飲みやすいです。

(左)"Immortal Beloved" (不滅の恋)

ヘーフェバイツェン

バナナやクローブの香りがする、フルーティーなビール。
こちらも爽やかで軽くて飲みやすい。
(隣はベルギーのチェリーフレーバーのビール。チェリービールもだいすき!)

上2種類の他に、
IPAビールの"Hop on or Die"と、
Porterビールの"Pay the Ferryman"があります。

それぞれラベルに、ドクロメイクをした人物の絵が描かれており、
名前もシャレが効いています。
死者の日のモチーフが好きなわたしにとっては、
見つけた瞬間買いでした。

後から知ったのですが、
写真2番目の"Immortal Beloved"は、
ことしのハロウィーン期間中、
ディズニーシーでも販売されていたようです。

とにかくラベルと飲みやすさが気に入ってしまったので、
また買いたいビールでした。
ハッピーハロウィーン! 無理矢理!
7Beach おお-!!
聴いてる
7Beachプロジェクトのことが、
Yahoo!ニュースにも取り上げられていました。
遅ればせながら…

> 楽天は11月8日に宮城県七ヶ浜町で、
東日本大震災の津波被災地にレンゲ畑をつくる復興支援活動
「Mr・カラスコ 7Beach プロジェクト」
を行うと発表した。

七ヶ浜町の7つの浜は球団の非公認マスコット
「Mr・カラスコ」が7つのマスクを隠している飛来地。
しかし震災で打撃を受け、その環境の変化が
Mr・カラスコの飛来状況にも影響しているという。

楽天は昨年から県、町と協力し、
津波被災から復旧した約1ヘクタールの農地にレンゲなど花の種をまき、
花畑をつくって美しい浜を取り戻す取り組みを開始。
昨年10月に行われた第1回の活動では
約100人が参加し、今春見事レンゲの花を咲かせた。

イベントでは、Mr・カラスコとレンゲなどの種をまいた後、
“レンゲ”つながりでラーメンの炊き出しも実施。

東北地方を中心に活動する「みちのくプロレス」の
プロレスラー・新崎人生が七ヶ浜を巡礼し、
自身がプロデュースする「徳島ラーメン人生」のラーメンの炊き出しを行う
(事前申し込みの上、花の種を持参した人を優先で先着200人)。

イベント詳細は以下の通り。

◆日時 
11月8日(土)午前11時~午後1時(予定・小雨決行、悪天候中止)

◆場所
宮城県宮城郡七ヶ浜町菖蒲田浜東原の農地
(駐車場あり、バス:七ヶ浜町民バス菖蒲田バス停)

◆参加方法
楽天イーグルス公式WEBサイト内の
専用応募フォームに必要事項を入力し、
春に咲く11月がまき時となる花の種を持参
(種類・量の指定はなし)すると、誰でも参加可能。
自身でネームプレートを持ち込んで設置することも可能。
(事前応募なく当日参加の場合、種まきには参加できるが、炊き出しは食べられない)


人生さんもいらっしゃるんですよっ! かっこいい!
人生さんの登場曲のキャ・カ・ラ・バ・ア(空・風・火・水・地)は、
わたしもiTunesに入れてよく聴いています。

Mr.カラスコ元気かなぁ…
"7Beachプロジェクト2014"のお知らせきてる-!!絵文字
11月8日(土)!
きょう、Mr.カラスコ登場したんだ-!
数日前のクリスマスイベント告知に引き続き、
シーズンオフに、"シアタープロレス東京花鳥風月"へ
ゴーヤさんの参戦が決定とのお話。
関東圏でのプロレス参加は初のゴーヤさん。

もう、ゴーヤさんは、収穫されてどこかへ行ってしまったのかと思ってたよ!
また、ゴーヤさんの活躍を目にできる機会が増えてきて、
私が言うのも厚かましいし、おかしな感じだけど、とってもうれしいです。
ゴーヤGO!GO!
先週は、あっという間の、
とても有意義で無駄のない、楽しい一週間でした。
その後、仙台に戻ってきて、
いつも通りの生活へ徐々に戻りつつ、
今のお仕事をさせていただけるって、
本当にありがたいことだ、と、しみじみ実感しています。

色々書きたいことが、たくさんあるのですが、
頭の中で、どう書こう??と、まとめることに時間がかかり…
もうちょっとしたら、先週のこと、書きます。

そんななか、きょうは、以前もこのブログで触れた、
リビング・デッド・ドールズの、アート本が届きました。

ちょっと、気持ち悪いかもしれないので、
人形とか、グロテスクなものが苦手な方は、
ご気分を害されませぬよう、飛ばしていただければ…と存じます。

LDD アート本

LDD アート本

寄稿したイラストは、てっきり、
巻末に小さく載せていただいてるのかと思いきや、
1ページを使って思ったより大きく載せていただけて、感謝です。
日本のアニメ"っぽく"描けたら、おもしろいかな-、と、思っていたので、
なんだか、絵柄が浮いているような、浮いていないような…

でも、やはりLDD好きな方は個性が強いというか(わたしは没個性ですが)
描き手によって、絵柄のクセが大いに違うし、
今回お話をくださった、
リビング・デッド・ドールズの生みの親のダミアンさんや
プロジェクトディレクターのドレイクさん、
さらにはメーカーである、"メズコ"の社長のメズさんの
作品まで掲載されていて、見ていて楽しめる一冊になっていました。
同じ人形でも、捉え方がここまで違うか!と、良い刺激にもなりました。

元絵は、こんな感じ↓
コントラスト等、調整してくださったのか、
誌面の方が、見やすい
どの人形も、捻くれて性格悪そうな顔に見えていれば、大成功です。

LDD アート本

線画は、こんな感じ↓
本当は、もう一体いました。。。
LDD アート本

そして、この人形らがモデルになってます。(グロいかな…すみません)

LDD

どの人形にも、それぞれ思い出があって…
特に、左端の鉤爪の男の子は、一番最初にプレゼントでいただいて
そこから集めだして…という思い入れの強い人形です。
だから、今回こういった形で、残るものにできたというのは、
とってもうれしい!!

LDDがユニークだなと思うのは、
棺桶型の箱に入って、それぞれの人形に"死因"があって…ってところ!

我が家には、他にも
試合中にルードに倒されてしまったルチャドールや、

LDD

教会のステンドグラスが割れて、その破片が頭上から落ちてきて…
という人形などがいます。

LDD

普通、人形って、子供が楽しめて、
かわいらしかったり、カッコよかったり…
とにかく、とっつきやすいものが多い印象ですが、
この、LDDは、対象年齢15歳以上!

病んでるとかじゃなくて、純粋に面白いなと思って集めているので
どうか誤解のないよう、お願いいたします(笑)

あとは、母親に載った旨を報告したら、
喜んでもらえたのがいちばん嬉しかったな。
いままで、イラストを描いても、わりと、『ふ〜ん…』って感じでしたから、
やっと、認めてもらえるようになってきたというか、
やっぱり、褒めてもらえるのは嬉しいです。

また機会があったら、LDD関連のことも載せていこうと思います!

| main |