ミスオブ沙棗

資生堂の"ミスオブ沙棗(さそう)"です。ミスは"Ms."ではなく、"Myth"(神話)。
沙棗は、砂ナツメという黄色い花を咲かせる植物のことです。
中国での三大美女のうち、清の時代の"香妃"からは
この砂ナツメのような甘い香りが漂ってきて、
たいそう多くの殿方を魅了したとのこと。
そういった伝承がベースとなり作られた香水なのだそうです。

ちなみに"ミスオブ…"より先に、
真っ黒なボトルの"沙棗"が販売されていました。
そっちは未だ試すことができず…

ミスオブ沙棗は、
フルーツにフローラルの甘く濃い香りに
ほんのりワイルドな、動物のような香りが…

調べてみたら、
沙棗の花にはカストリウム(ビーバーの香嚢からとれる香料)と
同じ成分が含まれているので、
香りを再現するためにこういった香調になっているのかな?と思いました。
つけ方を間違えると獣臭さが強く出てしまいそうだし、
ウエストかくるぶしかなぁ…(つける場所)

廃盤だそうですが…"沙棗"と一緒に再販してほしいです。沙棗も試してみたい!