おとといは夫と夫の同僚さんとでドラゴンボール観に行きました。
ドラゴンボール超は夫が観てたから一緒にアニメ観てたけど、
わたしはほとんどドラゴンボールには馴染みがないまま映画を観た感じです。
推しメンがフリーザ様かジレンかケールちゃんかってくらい。ミーハーすぎ。

でも!カッコイイな!ブロリー!!
カッコイイな!ベジータ!!
カッコイイな!ゴジータ!!

わかりやすい説明が描写されているおかげで、
キャラクターのバックグラウンドを知らなくても楽しめました。

ベジータとブロリーとフリーザ様がかわいすぎるよ!

鳥山先生解釈のブロリーだから、これが正解なのかな…?
以前の、狂人ブロリーを見慣れた夫と同僚さんには違和感が強かったそうですが…
ターザンとか仮面ライダーアマゾンを彷彿とさせる感じ。

バトルシーンとキャラクターがアップになったシーンの作画が、とにかく素晴らしいです。
カラーリングもほんっっとうに綺麗だった…勉強になる。

途中プロレスみたいなアナウンス?が入ったりして笑ったけど、曲もよかったな。
三浦大知さんの、Blizzardもカッチョいい!

観終わった後で、あー、筋トレしたい…とか、
あー、このクオリティの格闘ゲームやりたい…と、
思うような映画でした。

前情報も予習もないまま観たけれど、
とっても面白かったです。